中国語が聞き取れるようになるには?リスニングの練習方法とコツ

中国語、聞き取れるようになるには、リスニング 語学

こんにちは、ジュディです!

中国語が聞き取れるようになるにはどうしたらいい?
リスニングのコツがわからない!

と悩んでいませんか?

そんなお悩みを解決するために、今回の記事では中国語が聞き取れるようになるにはどうしたらいいのかについて解説していきます。

ジュディ
この記事はこんな人におすすめ!
・中国語のリスニングが苦手
・中国語が聞き取れるようになるにはどうしたらいいか知りたい
中国語って日本語よりはるかにスピードが速いので、聞き取れなくて苦労しますよね。

ここでは、留学中旧HSK8級に合格した筆者が、中国語が聞き取れるようになるにはどうしたらいいかについて解説していきます。

どうぞご覧ください!


中国語が聞き取れるようになるには 聞き取れない理由

中国語が聞き取れない理由は、自分が話せないレベルの中国語だからです。

中国語に限らずなんですが、自分が言えない言葉って聞き取れなくないですか?

例えば「コンティンジェンシープラン考えた?」って聞かれて、とっさに聞き取れますか?

私は聞き取れません。

なぜなら「コンティンジェンシー」という言葉を自分が使う機会がないからです。

使わないので聞き取れませんし、意味もわかりません。

このように、自分が聞き取れる言葉というのは、実際普段から使っているなじみのある言葉に限られるんですね。

※コンティンジェンシーとは偶然性のこと。
コンティンジェンシープランとは緊急時の対応計画という意味だそうです。

中国語が聞き取れるようになるには リスニングの練習方法

中国語、聞き取れるようになるには、リスニング

中国語が聞き取れるようになるには、普段から話して慣れておく必要があるということがわかりましたね。

では、どのようにして慣れるのがいいでしょうか。

私のおすすめはシャドウイングです。

シャドウイングとは、音声教材に影のようにくっついて発音する練習方法のこと。

ワンテンポ遅れて話し始め、音声教材と同じタイミングで話し終わります。

これを繰り返し練習することで、単語や文法が自分のものになっていきます。

自分が話せる言葉は自然と聞き取れるようになります

中国語が聞き取れるようになるには、何十回何百回と発音し続けて完全に自分のものにする必要があります。

中国語が聞き取れるようになるには リスニングのコツ

中国語が聞き取れるようになるには、ちょっとしたコツがあります。

それは、聞き取れなかった時に分からないままにしておかないこと。

音声教材なら、一時停止して巻き戻す

中国人が相手なら「请再说一遍,请说慢点儿(もう一回言ってください、もっとゆっくり言ってください)」と何度も聞き返すことです。

一回しっかり理解できれば、次回は聞き取れるようになります。

逆にわからないからといってその場を流すと、永遠に聞き取れないまま苦手意識だけが育ってしまいます。

中国語が聞き取れるようになるには、恥ずかしいなどと思わず理解できるまで何度も聞き返すことが大切です。

中国語が聞き取れるようになるには?リスニングの練習方法とコツ まとめ

中国語、聞き取れるようになるには、リスニング

以上、中国語が聞き取れるようになるにはどうすればいいのかについてお伝えしました。
最後におさらいしておきましょう。

中国語が聞き取れるようになるには 練習方法とリスニングのコツまとめ
  • 中国語が聞き取れないのは、自分がその言葉を話せないから
  • 自分が話せるようになるにはシャドウイングが有効
  • シャドウイングを繰り返すことで話す・聞く両方できるようになる
  • リスニングのコツは、わからないままにせず理解できるまで聞き返すこと

中国語が聞き取れるようになるには、自分自身がその単語や文法を理解してしゃべれるようにしておく必要があります。

リスニング対策として中国語を聞き流すだけ、というのは効率が悪いのでおすすめしません。

シャドウイングを取り入れて、何度も何度も自分のなかに中国語を叩き込みましょう。

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!