中国語留学は中国と台湾どっちがいい?中国台湾の違い

留学、中国、台湾、どっち 語学

こんにちは、ジュディです!

語学留学なら中国と台湾どっちがいい?

と疑問に思っていませんか?

そんな疑問にお答えできるように、今回の記事では中国語マスターのために中国と台湾どちらに行くのがいいか解説していきます。

ジュディ
この記事はこんな人におすすめ!
・中国語習得のため留学したい
・中国と台湾どっちがいいか知りたい

中国と台湾どちらも基本的には中国語ですが、イギリス英語とアメリカ英語のように違いはあります。

ここでは中国大連に1カ月、中国天津に10カ月留学し、台湾旅行の経験のある筆者が詳しく解説していきます。

どうぞご覧ください!


中国と台湾の中国語の違い

中国と台湾はどちらも北京語をベースとした中国語(普通話)で通じます。

最も大きな違いは、中国では簡体字、台湾では繁体字を使っていること。

また、物の名前など細かい部分で違いもあります。

私の場合だと中国本土に留学していたので、台湾に行くとわからない言葉があったりします。

中国で中国語を学ぶメリット

留学、中国、台湾、どっち

では、中国で中国語を学ぶメリットについて見ていきましょう。

  • 中国語の大元である北京語ベースの中国語が学べる
  • 13億人とコミュニケーションがとれる
  • 選べる大学の数が多い
  • 物価が安い

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

中国語の大元である北京語ベースの中国語が学べる

中国語のベースは北京で使われている北京語です。

北京語ベースの中国語を学ぶなら、中国本土、それも北京に近い東北部で学ぶのがベストです。

中国でも地方になると、方言がきつく勉強しづらい環境になってしまうからです。

北京を中心とした中国東北部で学べば、基本に忠実な中国語を習得することができます。

13億人以上とコミュニケーションがとれる

基本に忠実な中国語(普通話)を学んでおけば、中国大陸中の人とコミュニケーションがとれます。

外国人中国語学習者ともコミュニケーションがとれることを考えると、その数は13億人以上!

選べる大学の数が多い

中国の方が面積も人口も上で、当然大学の数も多いです。

外国人を受け入れている大学もたくさんあり、選べる数が多いです。

北京、大連、上海、杭州だけでも数十に及ぶ大学の中から選択することができます

物価が安い

中国は台湾より物価が安いので、留学にかかる費用を抑えることができます

留学するとなるとまとまったお金が必要になりますので、経済面で考えると中国本土の方がいいでしょう。

台湾で中国語を学ぶメリット

次に、台湾で中国語を学ぶメリットを見ていきましょう。

  • 治安がいい
  • 親日感情を持っている人が多い
  • 空気がきれい

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

治安がいい

治安は台湾の方が圧倒的にいいです。

中国だとスリや自転車泥棒がものすごく多いですし窓には必ず鉄格子がついていますが、台湾では中国ほど治安が悪くありません。

実際に、私が中国にいる間に知り合いが数名スリにあいました。

特に女性が安心して留学したい、と思うのであれば台湾の方がおすすめですね。

親日感情を持っている人が多い

台湾人の多くが親日感情をもっています。

また、日本語を話せる人も多いため、万が一の場合誰かに助けを求めることもしやすいです。

中国本土だと日本語どころか英語も通じません。

そうなったら1人でなんとかするしかないので、中国語に自信がない人は台湾の方がおすすめです。

空気がきれい

中国は本当に空気が汚いです。

鼻くそは毎日真っ黒になりますし、鼻毛の伸び方も異常に早くなります。

睫毛は二重になって生えてきます。

その点台湾は空気がきれいで、安心して暮らすことができます

アレルギー体質だったり、体が弱かったりする人は台湾の方がいいでしょう。

中国語留学は中国と台湾どっちがいい?中国台湾の違い まとめ

留学、中国、台湾、どっち

以上、中国語留学は中国と台湾どっちがいいかについてお伝えしました。
最後におさらいしておきましょう。

留学は中国と台湾どっちがいいか まとめ
  • 中国台湾どっちも基本は中国語
  • 簡体字と繁体字の違いがある
  • 中国に留学するメリット
    中国語の大元である北京語ベースの中国語が学べる
    13億人とコミュニケーションがとれる
    選べる大学の数が多い
    物価が安い
  • 台湾に留学するメリット
    治安がいい
    親日感情を持っている人が多い
    空気がきれい

中国と台湾ぞれぞれにメリットがありますので、あなたに合った方を選んでいただければと思います。

それでは最後まで読んでくださりありがとうございました!