中国台湾関係をわかりやすく解説すると?台湾日本が国交断絶する理由

中国、台湾、関係、わかりやすく、日本、国交断絶 中国

こんにちは、ジュディです!

中国台湾関係をわかりやすく言うとどういうことなの?
台湾と日本が国交断絶している理由は何?

と疑問に思っていませんか?

そんな疑問にお答えできるように、今回の記事では中国台湾関係&台湾日本が国交断絶している理由についてわかりやすく解説していきます。

ジュディ
この記事はこんな人におすすめ!
・中国と台湾の関係をわかりやすく教えてほしい
・台湾と日本が国交断絶している理由が知りたい
中国と台湾って一見同じ国に見えますし、なんでそんなにいがみあっているのかよくわからないですよね。

ここでは中国に留学経験のある筆者が、中国・台湾・日本の関係についてわかりやすく解説していきます。

どうぞご覧ください!


中国台湾関係をわかりやすく解説①場所と歴史

中国台湾関係をわかりやすく解説 台湾の場所

まず、台湾がどこにあるのかグーグルマップで見ていきましょう。

台湾は香港の東に位置する小さな島です。

人口は2357万人。
面積は36,190 km²。

日本の人口は1億2000万人。
面積は377,900 km²。

人口は日本の5分の1。
面積は日本の10分の1ぐらいですね。

中国台湾関係をわかりやすく解説 中国台湾の歴史

では次に、中国台湾関係をわかりやすくお話しますね。

中国と台湾の歴史の話です。

清(1644~1912)の時代、中国は迫りくる欧米列強に負け続けていました。

戦争で負けると、多額の賠償金を支払ったり、領土を割譲したりしなければなりません。

清王朝は、民衆からお金を巻き上げることでやりくりしようとしましたが、搾取される民衆からすればたまったものじゃありません。

そこで、孫文(孫中山)という人物が立ち上がります。

孫文は辛亥革命を起こし、清王朝を打ち倒します。
そして国民党を組織し、中華民国を作ります

しかし、孫文の死後、跡を継いだ蒋介石(国民党)毛沢東(共産党)がバチバチやり合い始めます。

共産党はソ連がバックについているので強く、蒋介石率いる国民党は力尽きる寸前!

ちょうどその頃(1945年)日本は敗戦し、領土だった台湾を中華民国へ返します。

疲弊した国民党は台湾へ逃げ込み、臨時政府を置きました。

ここで逃げ込んだ中華民国政府というのが現在の台湾なんですね。

  • 中国 ⇒国民党に勝って中華人民共和国を作り、中国大陸を支配している
  • 台湾 ⇒共産党に負けて台湾へ逃げ込み、台湾を支配している
ジュディ
この記事はこんな人におすすめ!
わかりやすく言うと、同じ家に生まれ育った兄弟が喧嘩して、片方が出ていって分家を作った状態

そして母屋に残った方が分家の権利も主張してるっていうのが今の中国台湾の関係だね

中国台湾関係を分かりやすく解説②行政

中国、台湾、関係、わかりやすく、日本、国交断絶

ここまでの話で、中国と台湾に別れこそしたものの、漢民族の国であることに変わりがないことがわかりましたね。

では、言語やお金はどうなっているでしょうか。

中国台湾関係をわかりやすく解説 言語

基本的に中国でも台湾でも中国語で通じます
ただ、物の名前が違ったりと、イギリス英語とアメリカ英語のような違いはあります。

第一言語 第二言語
中国 中国語(普通話) その地方の方言
台湾 台湾華語(普通話) 台湾語

一番大きな違いは、中国が簡体字台湾が繁体字という点です。

簡体字は画数を省略して書く文字のことです。
中華人民共和国建国以降、毛沢東がとった政策によるものなので簡体字は中国にしかありません。

一方台湾で使っている繁体字は、1950年頃まで使われていた文字をそのまま使っている、ということですね。

簡体字と繁体字の違いはこんな感じです。

  • 日本語 私は図書館で本を読みます。
  • 中国 簡体字 我在图书馆看书。
  • 台湾 繁体字 我在圖書館看書。
ジュディ
ね?全然違うでしょ?
ちなみに私は中国の方にいたから、台湾の繁体字は書けないんだ

中国台湾関係をわかりやすく解説 お金

中国と台湾は行政が完全に別ものなので、お金も全く違います。

中国は人民币(レンミンビィ)という名前で、元(块)が基本単位です。

台湾は台幣(タイビィ)という名前で、圓(塊)が基本単位です。

台湾日本が国交断絶する理由

1972年、日本は中国と国交を正常化させる代わりに、台湾と国交断絶することになりました。

この1972年の共同声明には次の文言が盛り込まれています。

二 日本国政府は、中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認する。
三 中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、ポツダム宣言第八項に基づく立場を堅持する。

外務省 日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明より引用

わかりやすく言うと、「中国と国交する代わりに、台湾は国として認めないし国交断絶しますよ」ということです。

現在台湾を国として認めている国はわずか20か国ほど

日本をはじめとする先進国は、いずれも台湾を国家として認めておらず国交もありません。

ただ、この話はあくまでも建前。

実は台北駐日経済文化代表処が実質領事館の役割を果たしているんです。

だから私たち日本人は台湾へいつでも旅行へ行けるんですね。
本当に国交断絶していたら行き来なんてできませんから。

実際、2019年に台湾日本を行き来した旅行者の数は708万人
台北駐日経済文化代表処

ジュディ
台湾の人口が2357万人と考えると、1年間でこれだけの人数が行き来してるっていうのはめちゃくちゃすごいことだよね

それに、台湾からは東日本大震災の折250億円という莫大な義援金を支援してもらっています。

台湾人は日本人に好感をもっているし、その逆もしかり。

建前上は国交断絶したことになっていますが、台湾と日本の間に友好関係があることの証拠と言えるでしょう。

中国台湾関係をわかりやすく解説 台湾日本が国交断絶する理由 まとめ

中国、台湾、関係、わかりやすく、日本、国交断絶

以上、中国台湾の関係をわかりやすく解説するとともに、台湾と日本がなぜ国交断絶しているのかについてお伝えしました。

中国台湾関係をわかりやすく解説 台湾日本が国交断絶する理由 まとめ
  • 共産党との戦いで負けた国民党が逃げこんだのが台湾
  • 中国と台湾の言語はほぼ中国語で通じる
  • 貨幣は中国台湾で別もの
  • 日中国交正常化のため、日本は台湾と国交断絶した
  • でも、実は台湾日本は仲良しで年間708万人が行き来している
  • 東日本大震災の際、台湾からは250億円もの義援金をもらっている

中国台湾の関係、台湾日本が国交断絶している理由がわかって、ニュースを見る視点が変わったのではないでしょうか。

もし仮に台湾が統合されることになったら、今度は沖縄の領有権を主張し始めるのではないかと思います。
そうなったら尖閣諸島どころの話ではありませんよね。

中国は日本よりはるかに外交上手だし国力も上なので、そう言い出されたら勝ち目はないでしょう。

ジュディ
そう考えると、中国台湾関係も他人事じゃないよね

当事者意識をもって中国台湾関係を見つめていきたいと思います。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました♡